サプリメントとは何だろう?

サプリメントとは英語で、「補うもの」「追加するもの」という意味です。
日本では「栄養補助食品」、または「健康食品」と呼ばれ、特定の栄養素を補うものです。薬のような形をしていますが、あくまでも“食品”であって、自然界にもともと存在するものなので、副作用がほとんどありません。

私たちが生きていく上でさまざまな活動をしたり、そのためには体を健康に維持したり、新陳代謝したりするのに必要な栄養素には、どんなものがあるのかご存知ですか?
私たちの身体に必要な栄養素は約40種類もあるんですよ。

それらは炭水化物・タンパク質・脂質の3大栄養素と、ビタミン・ミネラルの微量栄養素との5つに分かれます。近年は食物繊維も加わり、第6の栄養素といわれるようになりました。

現代の私たちの生活では、3大栄養素が不足するということは、極端なダイエットをしている場合などを除いては、まずないといっていいでしょう。
例えば、朝はトーストに牛乳、お昼はハンバーガーにフライドポテト、夜は焼き肉、おまけにデザートのケーキ・・足りないどころか取り過ぎの状態ですね。

しかし、ビタミンやミネラル、食物繊維などはこのような食事からは充分に取れていません。しかも調理の過程でかなり失われてしまっています。
加えて日常的なストレス、飲酒や喫煙、環境の悪化などによって、大量に消耗してしまうのです。
そこで、ビタミンやミネラルを補う手段がサプリメントなのです。

といっても、とりあえずサプリメントをたくさん飲めばいいだろう、というわけではありません。ビタミンやミネラルは“微量”栄養素といわれるほどで、欠乏にも過剰にもなりやすいのです。特にミネラルは適正な量の幅がかなり狭いので、むやみやたらに飲むと、かえって身体に悪い場合もあります。それぞれの栄養素で、助け合う関係のものもあれば、邪魔しあうものもあるのです。サプリメントを効果的に飲むにはそれらの関係を知っておくことや、目安となる量をしっかり守って飲むことが大切です。

またサプリメントには、食品から抽出した天然成分のものもあれば、化学合成されたものもあり、俗に"健康食品"と呼ばれてはいても、絶対に副作用がなく安全と言い切れるものでもありません。やはり必要な栄養素は、適切な食事から直接摂ることが一番であることは言うまでもありません。

News